TOP > 設備移設サービス

設備移設サービス

半導体製造装置や設備の移設サービスもおまかせ!

工場や施設の移転に伴い、引越し時に頭を悩ませるのが装置や設備の移設です。移設前のラインからの切り離しや梱包・搬出はもちろん、移設後の立ち上げ、精度チェックにいたるまで、様々な手間と時間が必要になります。
ダイサー再生・販売ステーションでは、中古装置の売買以外に、お客様の工場に設置されているダイサーなどの半導体製造装置や付帯設備の移設サービスも行っています。お客様の大切な装置を、安全かつ確実、リーズナブルに移設いたします。

精度チェックから動作確認まで丁寧かつ迅速に作業を行います

移設サービスの流れは、次の8ステップで行います。

ダイサー再生・販売ステーションの移設ステップ

移設サービスは、大きくわけて8つのステップ。お客様の大切な装置を安全かつ確実に移設するため、細心の注意を払った移設作業を行います。

ステップ1  立ち下げ前精度チェック、装置固定

移設前に装置の精度チェックを行います。そのデータを元に、移設後の精度チェックを実施します。装置の精度を維持するため、駆動部は専用治具で固定します。

ステップ2  装置(ユーティリティー)の切り離し

現在設置されているラインから装置を切り離します。工場の事情によっては、お客様に切り離しをお願いすることがあります。

ステップ3  装置の梱包

切り離した装置をラップやエアクッションで梱包します。作業後は、お客様に梱包状態を確認していただき、ご了承後に搬出作業にかかります。

ステップ4  搬出〜移動〜搬入

半導体製造装置の取り扱いに熟練した作業者が、お客様の装置を丁寧に目的地まで運びます。

ステップ5  固定治具の取り外し、レベル出し

固定治具を取り外し、レベル出しを行います。

ステップ6  装置(ユーティリティー)の接続

装置にユーティリティーを接続します。工場の事情によっては、お客様に接続をお願いすることがあります。

ステップ7  立ち上げ後の精度チェック

移設後に装置の精度チェックを行います。ステップ1の移設前の精度チェックデータと比較して、精度に差がないか確認します。

ステップ8  動作確認(テストカット)、レポート提出

装置の動作確認およびテストカットを実施します。問題なく移設が完了したことをレポートで報告します。

ダイサー再生・販売ステーションでは、はじめて移設を行うお客様にも、懇切丁寧にアドバイスさせていただきますので、まずはご連絡ください。

ページ上部に戻る